Formula Audio Ltd.

 

Location

10のロケーション、60の空間からインパルス・レスポンス情報が収録され、あらゆる角度からの音響特性をリバーブ・プラグインとして再現。数ある定位置の中から、スピーカーとマイクの位置をクリックして決定します。全てのドアは開閉可能で、その組み合わせによっても音響が変わります。

Any room to any room

各空間「内」だけでなく、各ロケーションにおいて、スピーカーとマイクが2つ以上の部屋に渡る音響も再現します。各屋内の、どの部屋も選択可能です。合計1,000以上のインパルス・レスポンス情報は全て 9chで使用可能で、しかも同社・従来以上のクオリティを誇ります。

Turning motion

プラグイン画面のスピーカーを回転させることで、マイクの方向を調整出来ます。しかも音声に継ぎ目が生じない、オートメーション制御も可能です。7.0ch+ドルビーアトモス・天井2chまでのサラウンド仕様に対応して、臨場感の高い音響空間を実現します。

Panning motion

例えば 7.0ch入出力の Indoor を1つのバスにインサートして、動作を伴う複数の音源をセンドして下さい。Spreadというパラメータ値を下げると、各音源周りにリバーブ要素が絞られて、それらのパンニングに追従します。言わば "Input Pan Following"リバーブです。

Click-free 

IRの調整や切替にフォーカスされた、全く新しいコンボリューション・エンジンで動作します。オートメーション制御で音声に継ぎ目が生じることなく、CPUへの突然の負荷も回避します。劇中の IR 切替のためにプリロールを設定することも、複数のリバーブを起動する必要もありません。

AAX DSP

AAX DSP仕様はCPU負荷を抑え、レイテンシーが1.5m sec程度まで減少します。DSPチップ1つで mono in stereo outの Indoorを3つ起動可能です。どんな入出力数でも、チップ1つ以下による処理でしょう。48kHzまで、mono in/ 7ch outまたは 5ch in/out までの対応です。

9 channel AB / MS

2種類のサラウンド音声仕様が、簡単に切替可能です。仕切られた全指向性マイク(AB)と、Mid/Side(MS)です。これら2つの組み合わせによって、7.0ch DTS仕様を作り出します。ドルビーアトモス用・天井の2chを加えて、計9chのリアルな音響を表現します。

Ease and speed 

タブやブラウザも無い、インターフェイスです。プラグイン画面全体のサイズは縮小可能で、プリセットなどの操作も簡単です。CPUへの負荷は、機能から予想されるよりも小さいはずです。これまでリバーブのプラグインを幾つも起動した劇中場面でも、より少ない数で済むでしょう。

Quality and consistency

家屋や車両内のインパルス・レスポンスが、従来を大幅に上回る数量で収録されています。その全てが、同社従来以上のクオリティで記録されており、ミキシング操作やリバーブの切替などは、これまでになく安定した動作を可能としています。

 
動作環境
 
ライセンスのオーサライズと運用に、iLok 2 USBキーが必要です。
 
Mac OS X 10.8 〜 10.12
Windows 7、8、10
 

 
対応プラグイン・フォーマット
 
AAX DSP / AAX Native
Audio Unit
VST
 
※AAX DSPは、サンプリング・レート44.1kHz、48kHzのみの対応です。
 
 

 
動作確認済DAW
 
Pro Tools 10.3.8 - 12 
Nuendo 7 
Audition CC 2015
Digital Performer 9
Logic Pro X(Mac)
Pyramix 10(Win)
Sequoia 12(Win)
Sound Forge 10(Win)

 
出力chフォーマット
 
mono 
stereo 
LCR※
quad
5.0、5.1
7.0 DTS※、7.1 DTS※
9.0 Dolby Atmos®※、9.1 Dolby Atmos®※ 
 
※ Pro Tools (HD)にて有効