他に類を見ないプラグイン
「電波が悪いまま、人込みで続けられる携帯電話の会話」「拡声器の声が鳴り響き、頭上にはヘリコプター」「スタジオで唸る1952年製ロカビリー・ギターアンプ」… スピーカーフォン2は、サウンドが様々な場で鳴っているようにシミュレートするプラグイン・ソフトウェアです。実在のスピーカーを通したサウンドだけでなく、それらが使われている現場や状況というレベルまで再現します。

本物の音響特性を収録
トランシーバ、無線機、メガホン、携帯電話などを通した効果だけでなく、遠くから聞こえてくるラジオ、2階に置かれたテレビといったサウンドも可能です。音質を調整して似せているのではなく、実際の機器、道具、空間から音響特性をそのまま収録しています。例えば電話での会話を再現するなら、EQ やディストーションで調整するよりも、スピーカーフォン2に通す方が遥かに簡単で、リアルな結果が得られます。

アンプ & キャビネット
音楽のプロダクションにおいても、スピーカーフォンは非常に有用です。"スピーカー" とは、ギターアンプ類も含みます。ビンテージモデルを含めた34種類のアンプ/キャビネットを通したサウンドが簡単に得られます。全て本物の機器から音響特性を収録しているので、そのサウンドのリアルさは、他のシミュレーター製品と比べて全く劣ることがありません。

ラジオ・ボイス
ボーカルやラップの為の「ラジオボイス」効果が簡単に得られ、その種類も膨大です。あえてサウンドを劣化させる為のボーカル用プリセットには、ナイン・インチ・ネイルズことトレント・レズナー(映画「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー賞作曲賞を受賞)の名前が入った設定が、11も収められています。

サンプル・レートとビット・レート
サンプリング周波数とビットレートを、それぞれ劣化させる「Crush - クラッシュ」という項目は、オルタナティブなサウンドやクラブ・ミュージックのリズムトラックなどに重宝します。様々な設定を組み合わせたプリセット集の中には、"beat crushers" という ”汚し” カテゴリーも用意されています。

オートメーション対応
例えば楽曲のイントロだけを「隣の部屋のラジオから聞こえてくる、ノイズ混じりのアナログ・レコード」にするのも簡単です。その効果が少しずつ解けて、徐々に元のサウンドの楽曲へ戻してゆくことも、マウスのクリック一つで操作出来ます。このような操作を含め、ほとんどのパラメータはオートメーションに対応しています。

シンプル操作で高品質
音響特性を収録した機器や空間は全て写真が収録されており、閲覧のうえクリックするだけで適用されます。操作は驚くほど簡単であるにも関わらず、プロ・クオリティの効果が得られます。AM/FMラジオのチューニング・ダイヤル、ディレイ、EQ、ダイナミクス系やモジュレーション系のエフェクト、レスリースピーカーといったパラメータ1つ1つも、全て単体での使用が可能な最高の品質です。

膨大な内容とプリセット
サンプリングされた、現実の空間や機器の音響特性の数はスピーカー400種類、マイク23種類、カバー(サウンドを毛布やガラスびんなどで包む効果)106種類、同社製品アルティバーブからの抜粋を含めた、高品質のリバーブが53種類、様々なDSPエフェクトが12種類。約5GBの効果音ライブラリーまで付属します。更には、これらを組み合わせた500以上ものプリセットが用意され、あらゆる状況や場面を、サウンドで再現します。