Space

 
「Space - スペース」とは、様々な対象物と音源が配置される作業空間です。コンテンツの視聴者は、その中央に位置しているとされます。2Dと3Dの様々な表示が有効で、同時に2種類の表示を、2つの異なる画面で利用出来ます。
 
そして「Source - ソース」とは、単独で存在する音源ではなく、それを取り巻く空間全体と結び付いています。常に周囲の空間を伴って動作しますが、その空間は非常に複雑な反響パターンによって形成されています。これはDSpatialシステムにおけるObject - オブジェクトが、従来のaudio object - 音源とは異なるからです。それ以上のものであり、「Spatial Object」と称しています。
 
 

........................................................................................................................................................................................................................................................................................

 

入力プラグイン

 
各トラックにインサートされ、DSpatialによる処理部へ音声信号を送ります。Realityシリーズの3製品全てにおいて、最大100の入力チャンネルが使用出来ます。
 
どの入力チャンネルにも、各パラメータを独立して適用出来ます - solo、mute、phase、icons、level、center force、space amount、proximity、inertia、Doppler、immersive toolsなど。

........................................................................................................................................................................................................................................................................................

グループ

 
入力チャンネルのグループを、最大40まで設定出来ます。
 
あらゆるマルチチャンネル・フォーマットの音声入力にも対応。各グループに名称も付けられます。

 
 

コンボリューション・リバーブ

 
全く同じリバーブ2基が同時に稼働して、映像シーンの変更などにも対応。2種類のリバーブ・モデリング機能を装備しています。
  
 
                 

Screen - スクリーン

 
Screenは、視聴者の位置から見える内容を表示します。
 

........................................................................................................................................................................................................................................................................................

 

 

マルチチャンネル・レベル・メーター

 
様々なフォーマットや、異なる角度によって各チャンネルのレベルを表示します。

........................................................................................................................................................................................................................................................................................

リスニング・ルーム設定

 
DSpatial処理内の「Listening Room - リスニング・ルーム」と、ミックス作業でエミュレートする空間は別の存在で、独立しています。そのうち片方の設定を調整しても、もう一方は手付かずにしておけるということです。Listening room builder機能によって様々なスピーカーのセットアップが可能ですが、その設定を途中で変更しても、それまでの作業は影響を受けず、新しい空間のセットアップで再生出来ます。例えばスピーカーの数を増やすと、空間の再現クオリティは高くなるでしょう。あるいは高品質なバイノーラル音声のミキシングも可能です。

 

 

イマーシブ音声ツールズ

 
サウンドデザイン用途として、イマーシブ音声制作の為の特別なツールです。決まっている動きやプログラム可能な動作まで、音源の様々な軌道を自動的に設定出来ます。幾何学的な形状の動きも、多く用意されています。

........................................................................................................................................................................................................................................................................................
 

出力モニター・セクション

 
DSpatialのシステムは独立したモニタリング・セクションを備え、各出力チャンネルには音量/dim、ミュート/ソロなどの設定項目が用意されています。