D        S        P        A        T        I        A        L
R        E        V        E        R        B
 

 

IRモデリングによる、初のリバーブ・プラグイン。
最大48ch出力。22.2ch、7.1.2chにも対応します。

 次世代の空間シミュレーション

 
DSpatial Reverb(ディースペイシャル・リバーブ)は、素晴らしく現実感の高い音響を実現するプラグインです。屋内や野外を表現するインパルス・レスポンスが、最高レベルのクオリティで解析のうえ、モデリングおよびレンダリングされます。サウンドデザイン、ダイアログ、フォーリー、アンビエンス要素、その他いかなる音声処理に対しても、世界初となる空間モデリングとレンダリング技術が役立ちます。しかも操作は簡単です。
........................................................................................................................................................................................................................................................................................

  

最大784に及ぶ、リアルタイム動作のコンボリューション

 
独自の物理モデリング・エンジンで稼働します。それは同社Realityシリーズと同様のもので、最大784ものコンボリューションがリアルタイムで動作します。396チャンネルのIRモデリング能力により、現状で最もパワフルなコンボリューション・リバーブとも言えるでしょう。
 
そのサウンドを実際に耳にすると、きわめて自然であることが、すぐに認識出来るはずです。非常に大きなダイナミックレンジや、様々なパラメータの大きな調整幅は、次世代レベルのアルゴリズムによって実現しています。

........................................................................................................................................................................................................................................................................................

 

最大48ch出力のリバーブ

 
48ch出力に設定した際も、各チャンネルの信号は独立していて相関性がありません。DSpatialによる没入感の高いコンボリューション・リバーブには、かつてないインパルス・レスポンスのモデリングとレンダリング性能が備わっています。同社の技術により、きわめて現実感の高い、最大48chものIRが実現します。マイクロフォンで収録されたインパルス・レスポンスにおいて、低品質のものは過去の遺物となるかもしれません。 
 

 
 
22.2ch出力にも対応。7.1.2chの出力設定は、Dolby Atmos®と互換性がある仕様です。
........................................................................................................................................................................................................................................................................................

ポリ・リバーブ・モード

 
リバーブのプログラム設定は、例えば映像コンテンツのシーン変更に合わせて、スムーズかつ瞬時に切り替えることが可能です。2基のリバーブが2つのレイヤーで同時に有効となり、これは最大48のコンボリューションによる2つのプラグインが、同時に起動しているということです。リバーブの各パラメータ変更は、Pro Toolsのオートメーションでプログラムしたり、エディットすることも出来ます。

350以上もの空間モデル

 
DSpatial Realityシリーズと完全互換となる、350以上もの空間モデルを収録。空間モデルとは標準的なインパルス・レスポンス以上とも捉えられ、何千ものパラメータを含めた、屋内と野外空間の完全なモデリングです。

........................................................................................................................................................................................................................................................................................

 

幅広いリバーブ・タイム調整

 
リバーブの長さは、0.1〜10秒の間で途切れることなく調整可能。しかも各モデリングの音色や音響特性は、どんな長さに設定しても維持されます。
........................................................................................................................................................................................................................................................................................

リハーサル・モード

 
4種類のサウンドを備えたリハーサル・モードにより、異なる空間モデルを試聴可能で、最適なものを見出せます。

........................................................................................................................................................................................................................................................................................

 

キーワード検索

 
キーワードによって、目的の空間を見出すことが、かつてなく簡単となりました。Glass、Wood、Metal、Cloth、Plasticといった言葉を使って探し出せます。続けて1〜5の数字を併記して、その材質の量も指定出来ます。例えば「Glass2」とは、ガラス面が少し使われている部屋という意味になります。さらに「1s」「2s」など、長さでも検索出来ます。

屋内と野外の空間シミュレーション

 
屋内や野外空間の限りない選択肢も、DSpatialのライブラリで簡単にシミュレート出来ます。そのライブラリはレコーディング・スタジオ、スタジアム、教会、トンネル、屋内競技場、街路、小道など様々な空気感を、120dBのダイナミックレンジで再現します。

 

       
 
映画『The Duelist』より/ Screenshot by courtesy of Film Direction
 

DSpatial Reverb 適用前

 
 

DSpatial Reverb 適用後

 

By courtesy of Pablo Borghi

Pro Tools インテグレーション

 
使用するうえで、現状のワークフローを大きく変更する必要はありません。
DSpatial ReverbはAAXプラグインであり、ご使用のPro Tools HD、S6システムと簡単に統合します。
2種類の使用方法があり、7.1.2ch出力までは標準的なプラグインと同様です。
最大48chに至る出力数のリバーブを設定するには、特別なマルチ-モノの方式で利用します。 

動作環境

Mac OS X 10.9〜
AVID Pro Tools(HD)11〜
Apple Logic X 対応予定
8GBメモリ(最小)

主な仕様

・モデリングによる、350以上のIR(インパルス・レスポンス)ライブラリ
・屋内と野外の空間シミュレート
・全てのIRにおいて、0.1〜10秒のリバーブ・タイム設定
・1セッション上で、24のDSpatial Reverbを起動可
・映像シーン変更に対応するデュアル・リバーブ・モード
・最大48ch出力(22.2ch、ドルビーアトモス、Auro-3D、バイノーラル、5.1、6.1、7.1、9.1、11.1、13.1、15.1など対応)
・モノラル、ステレオ、マルチチャンネルの入力対応
・AAXネイティブのフォーマット対応
・Apple Logic X対応予定
・120dBのダイナミック・レンジ