D        S        P        A        T        I        A        L
R        E        A        L        I        T        Y

リアリティ。それは、イマーシブ・オーディオ制作の理想的なシステム。

 
 

 

DSpatial 社の Reality シリーズとは?  

 
AAXプラグインによる「モデリングIRリバーブ + 物理モデリング環境 + 2D・3Dパンナー」の一体化。それはイマーシブ・オーディオ制作のための、理想的なシステムです。DSpatial(ディー・スペイシャル)社の Reality(リアリティ)シリーズは、出力数などの仕様によって3種類の製品が揃います。

22.2ch、Dolby Atmos®、Auro-3D®対応

 
DSpatial RealityによってPro Tools HD/Ultimateが、様々なコンテンツのサウンドデザインやミキシングの為の、2D・3DオーディオDAWとして機能します。プラグインの組み合わせでありながら、かつてない性能により、リバーブ、パンニング、ミキシングを再定義します。これらをソフトウェアとして一体化させるだけでなく、独自のインターフェイスによる容易な操作を実現しました。

 IRモデリングによるリバーブと、物理モデリングによる環境のエミュレーションにより、現実世界と同様のダイナミクスで音声空間を作り出します。例えば距離感を音響的に再現することは、単なる音量調整よりも遥かに複雑です。EQの要素や音程も作用します。周辺に存在する個体や構造物からの反響も含まれます。DSpatial Realityは各要素を予め計算のうえ、レンダリングを行い、音声を出力します。その全てがリアルタイムで処理されます。

 
3製品の比較表はこちらです。      注)本製品に、上記画像のディスプレイは含まれていません。

Reality シリーズ・3製品

 

Reality BUILDER ・ Reality STUDIO ・ Reality VR

 

 14の大きな特徴と、その革新性  

........................................................................................................................................................................................................................................................................................

最大96のコンボリューションがリアルタイムで動作

 

DSpatialによる独自の物理モデリング・エンジンは、96ものリアルタイム動作によるコンボリューションを備え、市場に存在する最もパワフルなコンボリューション・リバーブとも言えます。
 
DSpatialのリバーブを実際に耳にすると、きわめて自然なサウンドであることが、直ぐに認識出来るはずです。非常に大きなダイナミックレンジや、様々なパラメータの大きな調整幅は、次世代レベルのアルゴリズムによって実現されています。

........................................................................................................................................................................................................................................................................................

 

 

 

48chのIR(インパルス・レスポンス)モデリング

 
世界初となるIRモデリング機能は、サウンドデザイン、ダイアログ、フォーリー用途だけでなく、あらゆるイマーシブ/VR音声の制作においても有用でしょう。しかも操作は簡単です。DSpatialによるコンボリューション・リバーブは、かつてないインパルス・レスポンスのモデリング機能を備えます。同社独自の技術により、極めてリアルで没入感の高い、最大48chのIRが実現しました。
 
マイクロフォンで収録されたインパルス・レスポンスにおいて、質の低いものは、過去の遺物となるでしょう。
 

........................................................................................................................................................................................................................................................................................

2基のリバーブが、同時に稼働

 

2つのレイヤーにて各々のリバーブが同時に動作し、映像コンテンツのシーン変更に対応します。一度に48のコンボリューションが2基、起動することになります。リバーブのパラメータ変更は、Pro Toolsのオートメーション機能でプログラム及びエディット可能です。

 

 
 

屋内と野外の空間シミュレーション

 
現実感の高い空間はもちろん、その反対にリアルでない空間も、シンプルな方法で作り出せます。屋内と野外共に、簡単にシミュレート可能です。200以上もの空間によるライブラリを備え、レコーディング・スタジオ、スタジアム、教会、トンネル、屋内競技場、街路、テニスコートなど、様々な空気感を再現します。

 

 
   
映画『The Duelist』より/ Screenshot by courtesy of Film Direction
 

DSpatial Reality ミキシング動画

 
Excerpt from the film “The Duelist”, mixed with DSpatial.
“The Duelist” appears by courtesy of Film Direction.

音声屈折のシミュレーション

 

壁やドアなどによって生成される音声の反響、屈折、回析、散乱が、細部まで精巧にシミュレートされます。これもまた、独自の物理モデリング技術によるものです。

 
........................................................................................................................................................................................................................................................................................
 

ドップラー効果

 
現実感の高い、あらゆるイマーシブ・オーディオにおける悩みの1つは、急激な音の変動です。絶えず変調が生じることにより、一連の不快な位相の問題や、他の人工的なノイズ等を誘発する傾向もあります。そこでDSpatial社は、音源を単純に動かすだけで、慣性やドップラー効果のような特性が自動的に生成されるという、最適なソリューションを作り出しました。

近接度と距離感の表現

 

DSpatialは、視聴者観点(パースペクティブ)による音声の近接度や距離感を再現します。
音源の位置は、単にパンニングでシミュレートされるのではなく、有効になっているスピーカーを全て利用して、音場内の複雑な反響を再現します。
 
..............................................................................................................................................................................................

 
 

音源の移動や回転

 

より簡単かつリアルに、複数の音源をグループ単位で配置、移動、回転、収縮、
そして拡散させることが出来ます。リスニング空間の壁越しであっても可能です。

 

............................................................................................................................................................................................. 
 
 

最大10ポイントでマルチタッチ操作

 

DSpatial Realityは、プロフェッショナル・グレードのタッチパネル・ディスプレイに対応しています。その製品リストは増えています。
 

 
 

 

ワン・ミックス、オール・フォーマット!

 
フォーマット争いは終わっているかもしれません。DSpatialによるミックスは、イマーシブまたは一般的な音声出力フォーマットに対して、直接の互換性があります。シネマティックVRと呼ばれるコンテンツや、360度映像の為のバイノーラル音声も対象です。
 
完成したミックスはダウンコンバートの必要もなく、多くのフォーマットで再生出来ます。5.1ch、ステレオ、あるいはバイノーラルで作業を始めても、そのセッションは空間情報を維持したうえ、例えばAtomsステージでプレイバック可能です。位置情報と関連データの全ては、Pro Toolsのオートメーション情報として記録されるので、別のサウンド・デザイナーによる作業をインポート機能で取り込むことも出来ます。

........................................................................................................................................................................................................................................................................................
 

現実感の高いバイノーラル音声

 
没入感の高いサウンド・デザイン、バイノーラル・オーディオ、VR音声制作を、境目のない1つのワークフローに統合します。出来上がったプロジェクトを、シネマティックVRなどのサウンド・プロダクションへ、簡単に移行していくことが可能です。
 

 

 

バイノーラル音声・デモ動画

 

 

 360度正距円筒図法による画面とエディット

 
正距円筒図法の画面上で音源を配置しながら、同時に空間を見下ろす画面にて、その音源の距離感をプログラムすることも出来ます。

 

Ambisonics 入力と出力

 
360度動画、VRコンテンツ制作向けとして、FuMaとAmbiXフォーマットによる入力、そして出力に対応しています。
 
 

 

Pro Toolsとのインテグレーション

 

DSpatial社はAvidパートナー/ディベロッパーです。
AAXフォーマットによる同社ソフトウェアは、 Pro Tools HD/Ultimateとダイレクトに統合します。S6システムとも同様です。
ユーザー自身による、従来通りのワークフローでミキシングが可能です。

 

動作環境

 
Mac Pro(late 2013〜)、最小CPUで6コア 3GHz、32GBメモリ、
デュアルAMD FirePro D500 グラフィックス・プロセッサ(各々3GBのGDDR5 VRAM)
Mac OS X 10.8.5、10.9.5、10.10.5、10.11〜
AVID Pro Tools HD 11、12、Ultimate 2018

3製品の主な仕様

 

Reality Builder 

・モデリングによる48chのIR
・最大48chの出力と96のコンボリューション
・2種類のリバーブ方式:Space Model(フル機能)、Room Builder(フル機能)
・最大モノラル100の入力(ベッド入力あり)
・出力フォーマット:22.2ch、ドルビーアトモス、Auro-3D、5.1、6.1、7.1、9.1、11.1、13.1、15.1等、最大48ch
・Ambisonicsによる入力/出力対応
・360度正距円筒図法による表示と編集
・400以上のIRライブラリ
・タッチパネル・ディスプレイ対応
・距離感と近接度の効果
・ドップラー効果、壁やドアによる効果
 

※3製品の比較表

 

 

Reality Studio

・モデリングによる13chのIR
・最大13chの出力と26のコンボリューション
・2種類のリバーブ方式:Space Model(フル機能)、Room Builder(読み込み)
・最大モノラル100の入力(ベッド入力あり)
・出力フォーマット:ドルビーアトモス、Auro-3D、バイノーラル、5.1、6.1、7.1、9.1、11.1、13.1
・Ambisonicsによる入力/出力対応
・360度正距円筒図法による表示と編集
・400以上のIRライブラリ
・タッチパネル・ディスプレイ対応
・距離感と近接度の効果
・ドップラー効果、壁やドアによる効果

 

 

Reality VR

・モデリングによるバイノーラル(2ch)のIRとコンボリューション・リバーブ
・2種類のリバーブ方式:Space Model(フル機能)、Room Builder(読み込み)
・最大モノラル100の入力(ベッド入力あり)
・バイノーラル、ステレオ2Dと3Dモード出力
・Ambisonicsによる入力/出力対応
・360度正距円筒図法による表示と編集
・400以上のIRライブラリ(野外のIRは、Ambisonicsモードのみ有効)
・タッチパネル・ディスプレイ対応
・距離感と近接度の効果
・ドップラー効果、壁やドアによる効果