D        S        P        A        T        I        A        L

S   O   N   D   A

 
 
 
 
 
 
 

  

 S O N D A とは?

 
DSpatial Sondaは、プラグインによるマルチポイント・レベル・メーターです。
ピーク、RMS、ラウドネス値の測定、さらに様々な要素を含んだ音声ミックスにおいて、複数箇所での比較が可能です。
 
テープ/バス、またはPEC/Directの計測も、1つの画面で表示。
 
Audio Suiteにおいては、リミッター及びレベル調整機能も使用出来ます。
 

2種類の表示方式

 
Independent(インディペンデント)とInterleaved(インターリーブ)、2つの表示モードを備えます。

 

Independent
Mode

 
複数のステムが、それぞれグループとして配列された表示となります。他のステムとは独立して、レベルの確認が可能です。
 
 

 

Interleaved
Mode

 
主に複数の測定点における、同じチャンネルのレベル比較に使用されます。テープ/バスまたはPEC/directの計測を、1つのメーター画面に表示したい場合も有効です。
 

複数のステム比較

Sondaの主な役割は、レベル測定の比較です。
 
Patchbay(パッチベイ)の仕組みを利用して、設定した測定ポイントを接続します。プラグインのインサート箇所を介して、モニターしたいポイントに測定点をインサートのうえ、メニュー画面上で選択するだけです。
 
1つのSondaにおいて、同時に最大6つの接続を作成可能です。
 
Sondaを幾つかインサートしている場合も、個別にパッチを適用可能で、制限がありません。異なる入出力数のステムであっても、比較可能です。
 

色付けの極めて少ない、ラウドネス・マキシマイザー

 
スムーズで、色付けの少ないラウドネス・マキシマイザー機能も備えています。
Audio Suite仕様においては、オフラインによる分析及び処理の機能が使用可能です。
どの入出力タイプのステムにも、対応する特定の仕様があります。

 
スムーズにラウドネスが最適化されたうえ、処理に関するコメントが表示されます。
 
様々なタイプの情報がチャンネル毎に挙げられて、最後にラウドネス分析の概要が表示されます。
 
チャンネル毎のピーク、RMS、True Peakのレベル表示だけでなく、静寂部や、全く音声情報が存在しない部分(ミュート)の計測も実行されます。
 
結果の概要は、以下5通りのラウドネス測定方法によるものです。
– モーメンタリーの最大値
– モーメンタリーの平均値
– ショート・タームの最大値
– ショート・タームの平均
– ロング・ターム

トータル・カスタマイズ

 
豊富なオプション項目によって、設定をカスタマイズ出来ます。測定点(プローブ・ポイント)の名称変更から、外観、レベル表示の動作に至るまで調整可能です。
 
カスタマイズ方法はとても簡単で、設定画面右側のテスト・ディスプレイにより、リアルタイムで変更内容を確認出来ます。

 

 
 

測定タイプ

 
Sondaには、4タイプの測定があります:ノーマル・ピーク、RMS(Root Mean Square)、True Peak(TrP)、ラウドネス

ラウドネス

 

3タイプのラウドネス測定:
Momentary Loudness(モーメンタリー)
Short Term Loudness(ショート・ターム)
Integrated Loudness(ロング・ターム)
 
これらはEBUの方式に対応しています。Momentaryモードは、0.4秒の分析幅を基準にします。Short Termモードは、3秒の方形窓(関数)を使用します。Integratedモードでは、75%オーバーラップする400ミリ秒の幅とゲート機能を利用します。

True Peakとラウドネスは、国際電気通信連合の策定したITU-R BS.1770-4に準拠しています。

プログラム可能なスケール

 
各メーターのゲイン、アタック、ディケイ・タイム、それぞれ調整可能で、必要とされるダイナミクス要件に適合します。
 
スケールの外観、色の濃さ、スケールの数を設定するツールもあります。画像は、7.1.2chステムのBi-zone dBとsingle dB zoneという基本的なスケールの表示例です。

レンジ・コントロール

  
特定の範囲を強調して視覚化したり、関連性が無いと見做された情報を除くことで、各メーターの制限値を調整します。

この画像は、フル・レンジ、ハイ・エンド、ロー・エンド、ミドル・ゾーンのみと、同じレベルを異なる設定で表示した例です。

 

 

 

充実のグラフィック・オプション

 
色の濃さ、グラデーション、不透明度はユーザー設定が可能です。外観を全く変更することも出来ます。
 
各テスト・ポイントには多数のオプション項目があり、名称、基本色、グラデーションなどがカスタマイズ可能です。

 

Pro Tools インテグレーション

DSpatial Sondaは、標準的なAAXプラグインです。既存のシステムとワークフローに組み込んで頂けます。
 
 

動作環境 

Mac OS X 10.7〜
AVID Pro Tools 11〜
iLok 2/3(別売)によるライセンス管理
 
 

対応ステム・フォーマット

• Mono、Stereo、LCR、LCRS、Quad
• 5.0、5.1
• 6.0、6.1
• 7.0 SDDS、7.1 SDDS、7.0 DTS、7.1 DTS
• 7.0.2(Pro Tools 12.8〜)
• 7.1.2(Pro Tools 12.8〜)