Formula Audio Ltd.

 

 

Brightness Panner

Brightness Panner

 AAX Native、AU、AUv3、VST、VST3対応
 
"ブライトネス・パンナー"によって、2D及び3D空間におけるサウンドの扱い方が変わるかもしれません。音源を拡げて配置された、リッチなミキシングとなり得ます。音源の明るさを解析して動作を適用するという、独自のプラグイン機能によって、特殊なパンニング設定が簡単となりました。
 

 

 
Brightness Panner
 

音声の周波数などがパンニングを制御

 
サウンドの高域、音程、あるいはMIDIノート情報によって、音源のパンニングが制御されることを想像してみて下さい。音楽制作からポスト・プロダクションに到るまで、Brightness Pannerを使って音源をダイナミックに動かすことが出来ます。ステレオから5.1/7.1chサラウンド、Dolby Atmos®互換の7.1.2ch、最大3次のAmbisonics、バイノーラルなど、様々な出力フォーマットにも対応しています。
 

Brightness Panner パンニング・モード

 
 

パンニング・モード

 
2種類の動作方式のうち「PANNING」モードは、端から端への一般的なパンニング動作です。2つのポイント(開始点→終了点)を設定して、その間を音源が移動します。入力信号の高域/明るさが大きいほど、又は音程が高いほど、開始点から終了点への移動幅が大きくなります。
 

 
 

スライディング・モード

 
入力信号の周波数または音程が、設定した範囲内の場合、定めた経路を音源は移動し続けます。上記の「PAN」モードと異なり「SLIDING」モードは、範囲外となっても開始点には戻りません。再び範囲内となるまで音源は留まり、ドームと称する空間内での、次の動きに続きます。

Brightness Panner スライディング・モード

brightness panner 高域を解析
音声の明るさ/高域を解析

入力音声のスペクトルを分析して、2D/3D空間のパンニングに利用します。その周波数範囲は、ユーザー設定可能です。

brightness panner 音程を解析
音声のピッチを解析

入力音声のピッチを認識して、2D/3D空間のパンニングに利用します。その音程範囲は、ユーザー設定によるものです。

brightness panner MIDI情報
MIDI情報を解析

MIDIノート情報を受信して、2D/3D空間のパンニングに利用します。音符の範囲は、ユーザー設定によるものです。

brightness ドーム画面
ドーム画面

プラグイン画面の中心が、Domeです。音源が作り出す動きは全て、この球体表面に即したものになります。

brightness panner ランダム設定
ランダム化ボタン

パラメータ値を無作為に割り当てるボタンを装備。クリックする度に、新しいパンニング経路が設定されます。

brightness panner 動作設定
ダイナミックな動作

例えばスピーカー位置からスタートして、センター・チャンネルへ。あるいは任意の位置から時計回りなど、音源の動作設定は簡単です。

システム要件


OS環境:
Mac OS X 10.11 〜
(M1 CPU対応予定) 
Windows 10
フォーマット:
 AAX Native
 AU、AUv3
 VST、VST3
CPU:
2コア以上
メモリ:
8GB以上
容量:
600MB