Formula Audio Ltd.

 

 

Density

AAX、AU、VST対応
 
Density - デンシティは、入力音声から多様なレイヤー(層)を作り出すプラグイン。ステレオからイマーシブまで仕様を問わず、簡単に素晴らしい処理結果が得られます。例えばソロ演奏のファイルを元に、信じられないサウンドのアンサンブルを生成。音源の挙動と共に、驚くような空間性も加えられます。
 

 

 

ソロ歌唱を合唱に バイオリン独奏をアンサンブルに

 
1つの音声素材から、様々なレイヤーを作り出します。独自のグラニュラー技術によって、驚くほど簡単にサウンドの「密度 - density」を高めたうえ、素晴らしい結果を生成。
 
用途は楽曲制作からサウンドデザイン、出力はステレオからドルビーアトモス互換まで。ツールセットに入れておきたいプラグインです。
 

 

Densityとは? - 製品概要

 

 

1. Basic - ベーシック・モード

 
3種類の操作モードのうちBasicでは、即座にDensityを活用できます。使用経験や製品知識が無くとも、素晴らしい処理結果が得られるでしょう。少々の操作のみ。たった1つの音声から、小または大規模のアンサンブルを生み出せます。

 

2. Detune - デチューン・モード

 
このモードは、様々な音声レイヤーを作り出すうえで最適でしょう。上述のBasicモードよりも、高度な設定項目が備わります。音源の生成や、空間内の挙動に関するパラメータを細かく調整できます。

 

3. MultiPitch - マルチピッチ・モード

 
このモードは複数の音源グループを作り出したうえ、それぞれで音程、ボイス数、ゲイン値などを設定できます。合唱のようなハーモニーも可能で、きわめて高い現実感やクリエイティブな結果を生み出します。

XY パッド

2つのパラメータを同時にマウスで操作可能。思うがままの音声表現には、最適です。

出力フォーマット

 
ステレオ、5.1、7.1、ambisonics、バイノーラル、Dolby Atmos互換…様々な出力フォーマットに対応しています

音声動作

生成される音声に動きを与えて、サウンドに躍動感をもたらします。動作パターンも選択できます。

表示画面

3D空間を見下ろす形で、音声レイヤーを円形画面に表示します。

音声レイヤー

入力音と生成音源を個別に設定して、生成分のゲイン値を簡単にオートメーション制御。楽曲のパフォーマンスを調整できます。

ランダム化ボタン

プリセットやランダム化機能を使って、複数の予想外な処理結果を次々に試していくことも簡単です。

システム要件


OS環境:
  • macOS 10.13〜 Appleシリコン搭載環境・ネイティブ対応
  • Windows 10〜
フォーマット:
 AAX Native
 AU、AUv3
 VST3
CPU:
4コア以上
メモリ:
8GB以上
容量:
200MB